水素サプリに副作用はあるの?

MENU

水素サプリに副作用はあるの?

水素サプリに副作用はあるの?

近年、体の中で発生する酸化物質(活性酸素)が脳の神経細胞を破壊することで認知症の原因となったり、皮膚の老化や癌の原因に関係したりしていることが知られています。

 

昔からビタミンCなどの一部のビタミン類が、体内の酸化物質を還元して無害化する作用があることが知られていました。近年の研究では、ビタミン類に加えて水素(H2)も活性酸素と結合することで、無害な水に変化させる作用があることが明らかになっています。

 

活性酸素を除去するために、水素ガスを溶かしたミネラルウォーター(水素水)を飲んだり、水素が溶けたお風呂(水素風呂)に入浴することで皮膚や呼吸から水素を体に取り込む方法が用いられています。これらに加えて、サプリメントを摂取することでも、体の中に水素を取り入れる方法があるのです。

 

水素サプリと呼ばれるサプリメントは、水素を栄養分として摂取するための栄養補助食品として開発されました。このようなサプリメントは、体の中で消化・分解される際に水素ガスが発生するような成分が含まれています。

 

製品によっては1日分または1錠分のサプリメントを飲むだけで、水素濃度が1ppmの高濃度水素水に換算して、約1L分に相当するほどの多量の水素を発生させるものもあります。

 

水素サプリが発生させる水素の副作用はある?

 

お腹の中で大量に水素を発生させるようなサプリメントを飲んだら、体に何らかの副作用が起こるのではないか、と心配する人がいるかもしれません。

 

水素そのものについてはどんなに過剰に摂取しても人体に悪い影響を及ぼす事はありません。人体に吸収された水素の一部は活性酸素などの酸化物質を還元して無害化するのに使われますが、それ以外の水素は体の正常な組織に何ら害を及ぼすことなく体外に抜けてしまいます。

 

活性酸素の中には人体に有用な“善玉活性酸素”(過酸化水素)もありますが、水素は過酸化水素とは反応しません。ビタミン類を過剰に摂取すると善玉活性酸素も還元してしまったり、腎臓結石などの悪影響を生じることがありますが、水素は人体に対する有害性など存在しないのです。

 

水素は1995年に食品添加物として厚生省によって認可されました。その後も人体に及ぼす水素の有害性についての研究が行われてきましたが、現在に至るまで有害性を示すような研究報告は存在しません。水や酸素でさえも過剰に摂取すれば人体に害を及ぼしますが、水素については人体に対する副作用が存在しないのです。

 

水素サプリの水素以外の物質の副作用は?

 

水素を大量に発生させるサプリには、主成分として精製岩塩から得られるマグネシウムが用いられています。水素を発生した後に、水酸化マグネシウムという物質が残ります。水素は無害でも、マグネシウムを摂取することで人体に何らかの害を受けることはないのか、と思う人がいるかもしれません。

 

マグネシウムは人体に必須なミネラル成分のひとつで、海藻類や豆類などに多く含まれています。マグネシウムは骨を強くする、血流の促進、血圧の安定化という重要な働きをしています。

 

残念ながら現代人の多くは偏った食生活が原因で、慢性的なマグネシウム不足の状態に陥っています。そのため、マグネシウム不足が原因の症状に悩まされている人が多くいます。マグネシウムが不足すると、足がつる、疲労感、便秘、貧血、不眠などの症状が出るようになります。

 

さらに深刻になると、頭痛、女性の生理不順、記憶障害やうつ病などの精神障害、免疫力の低下など深刻な症状が出る場合があります。ある研究によると、慢性的な頭痛に悩まされている患者に1日あたり200mgのマグネシウムの栄養補助食品を投与した結果、8割の患者の症状が改善されたという報告があるほどです。

 

厚生労働省によると、成人が1日に摂取すべきマグネシウム量は男性で340mg、女性270mgとされています。逆に過剰に摂取すると下痢や、高マグネシウム血症という病気にかかってしまいます。

 

ただし、過剰摂取で悪影響が出るマグネシウム量は1日あたり700mg以上とされています。マグネシウムは適量の2倍程度の量までは人体に悪影響を及ぼすことがありません。逆に、マグネシウム不足による症状に悩まされている人の方が圧倒的に多いのです。

 

1日分の水素サプリに含まれるマグネシウム量を比較すると、製品によってばらつきがありますが概ね30mg〜70mg程度です。ちなみに70mgのマグネシウムを摂取すれば、体の中で約1Lの高濃度水素水に含まれる量の水素が発生します。

 

水素を摂取するためのサプリメントを飲めばマグネシウム不足を補うことができますが、マグネシウム補給用としては量が不十分です。水素を発生させるサプリを利用してマグネシウム不足を補うためには、3〜5日分の量を毎日飲む必要があります。

 

もしもサプリを過剰に飲めば、マグネシウムの取りすぎになることがあります。それでも人体に害が出る量は10日〜20日分を一度に飲んだ場合です。もしも一度に大量のサプリを飲めば下痢を起こしてしまい、大半のマグネシウムが体に吸収される前に排出されてしまうことでしょう。

 

成人のマグネシウム摂取量のストライクゾーンが広いので、水素サプリに含まれる程度の量では健康な人であれば何ら悪影響を及ぼすことはありません。むしろ慢性的なマグネシウム不足の人がサプリを飲めば、1日あたり70mg程度の量でもマグネシウム不足の症状が改善され、良い意味での副作用を受けることがあるのです。

 

関連ページ

水素サプリを活用して更年期障害を乗り切る方法
水素サプリはダイエット効果に注目されがちですが、こんな効果も期待できます!水素サプリを活用して更年期障害を乗り切る方法について解説しています。
血圧を整えるために水素サプリを活用する方法
高血圧や低血圧も健康な日常生活に障りとなることもありますよね?血圧の乱れに悩む方に知ってほしい血圧を整えるために水素サプリを活用する方法をわかりやすく解説していきます。
水素サプリと水素水の価格と水素量を比較した結果とは
水素水、水素サプリ、商品の価格と含まれる水素量にはばらつきがあるって本当?水素サプリと水素水の価格と水素量を比較した結果がどのようなものなのかを解説していきます。
水素サプリの口コミと選び方のコツ
水素サプリの商品もいろいろありますが、どれを選んだら良いのかわからなくなるかもしれません。ここでは、水素サプリの口コミと選び方のコツについてわかりやすく解説していきます。
最も効果的な水素サプリを飲むタイミングとは
物事にはタイミングってとっても重要なんですよね!ここでは、最も効果的な水素サプリを飲むタイミングがあるのか、そしてそれはいつなのか、わかりやすく解説していきます。